ファクタリングについて
2019年3月3日

自立支援給付費債権を利用したファクタリングとはなにか

障害者総合支援法により事業所認定を行政から受けたところは、利用者負担以外の部分で行政から自立支援給付費を受けとるようになります。

この自立支援給付費債権を利用して資金を借り受けてより大きな事業を始めるケースも出てきています。すなわち、今後受けとるであろう自立支援給付費債権を担保にしたファクタリングで資金を集め、より大きな事業を行うための事業所の建設や土地の確保を行うわけです。障害者総合支援法に規定するような事業など福祉事業では、施設などの建設やその土地の確保に巨額の資金が必要になるケースも少なくありません。

だからといって金融機関からの融資には限界があることから、ファクタリングにより今後受けとる自立支援給付費債権で、そこから返済を行ってもらうというファクタリングを行っていくことがよくあります。障害者や国が認定をする難病患者に対して、障害者総合支援法に規定する事業を行っていく中で、場所や建物などの確保が必要になるケースは多々あります。

しかもその土地や建物などは同法に規定する要件を満たさなければなりません。したがって、その要件を満たすためには資金が必要になりますが、通常は資金が貯まるまであるいは何かを担保にしなければ資金を借りなければなりません。資金の担保としてこの自立支援給付費債権を利用するという話しです。無論、利用者の数や将来性などはチェックをされますが、他の方法で資金を借りるよりは確実性が高いとして利用者が多いのが実情です。
ファクタリングの比較のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *