ファクタリングについて
2019年3月15日

取引先に知られないファクタリングの仕組み

売り掛け債権の譲渡による資金調達がファクタリングと呼ばれる金融サービスの本質です。

例えば請求書を発行しており入金予定のお金を受け取る権利を渡すので今すぐに現金を下さいというのがファクタリング業者との取引の基本的なイメージとなります。このサービスは資金調達の方法の一つですが、銀行の融資など他の方法による資金調達では対応できない事情がある場合に有効に機能します。この仕組みはお金を借りるのではなく、権利の売却になりますのですぐにお金が必要な場合に便利な仕組みなのです。

勿論ファクタリングで取り扱うのは売掛債権ですから必ず現金化できるという保証があるわけではありません。そのため取引先の信用に応じて買い取り額に変動が生じます。しかしここで経営者にとって不安となるのが、取引先にファクタリング業者の存在が知られないかということです。このサービスを利用しているということは、即資金繰りに苦労しているというイメージにつながりますので信用の低下につながりかねないのです。

それを心配する経営者もいます。しかしながらファクタリングの中にも取引先企業を交えない二社間の方法がしっかりと存在していますので対外的にこの様なサービスを利用しているということが分からないように調整することが出来ます。この様な仕組みを活用してサービスを利用する企業の信用を守ることにも力を注いでいますので、安心して利用することが出来る金融サービスの一つとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *