ファクタリングについて
2019年3月24日

ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングとは、人が保有している売掛債権をファクタリング会社が与信判断のうえで買い取り、資金を提供する仕組みになります。

売掛債権とは、商品やサービスの提供が完了し、請求済みであるにも関わらず、支払が実行されていない債権のことをいいます。その売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、資金の確保が可能になります。ファクタリングのメリットとしては、売掛債権が早期で資金化されることにより、キャッシュフローの改善が図れるという点にあります。

債権を売却する際、通常の銀行借入のように担保を要求されることがないため、通常であれば債権の回収期日まで資金化することができない売掛債権を資金化することができるようにあります。そのため、銀行などの金融機関に融資を断られた中小企業などに適した仕組みといえます。そして、企業が倒産し、企業の売掛債権の回収が不能になった場合も、売掛債権を買い取った会社が回収リスクを負担するので、企業には支払い義務が生じないといった点も、大きなメリットといえます。

譲渡代金の請求が行われないので、リスクマネジメントと資金繰りを同時に行うことができるのが、ファクタリングの優れた点となっています。あるアンケートでは、経営者のほとんどが、この仕組みを理解していないという結果になりました。しかし、特に資金の調達が難しい中小企業にとって、この制度は大きな助けとなるものであり、導入が望まれる仕組みとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *