ファクタリングについて
2019年4月3日

ファクタリングと融資を比較してみる

企業が資金調達を行う際にはいくつかの方法があります。

その代表として挙げられるのがファクタリングと融資です。どちらも資金調達法と言う点では共通していますが、比較してみると様々な点で違いがあります。その違いを詳しく見ていくと、まず仕組みそのものが違います。ファクタリングは、これをサービスとしている業者が売掛債権を買い取り、手数料を差し引いた分を支払う仕組みです。対して融資はお金を貸すと言う内容ですから、当然、返済も必要となってきますし金利も発生してきます。

比較するとファクタリングは、将来的に入ってくる利益を先取りするわけですから、返済の必要もなく、手数料は発生することもありますが金利は発生しません。また売掛債権を扱うと言う点においては、融資においてもそれを担保にしてお金を借りると言う仕組みがあります。しかしこの場合、融資であることにかわりはないので、金融機関による審査を受けることが必要です。そして審査に通らなければ、融資を受けることは難しくなってしまいます。

ですがファクタリングには審査そのものがないと言うのは、ファクタリングの比較した際に挙げられる大きな違いです。審査がある場合、それを通るかどうかというのも気になる点ですが、更にその分の日数が必要です。よってそれ自体がないファクタリングは、融資と比較すると非常に取引としてスピーディであると言う点も違いとして挙げられます。早い場合には即日、平均しても数日程度で取引が完了すると言うのが一般的なので、迅速な資金調達が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *