ファクタリングについて
2019年4月18日

中小企業がファクタリングを選ぶ際は比較が大事です

ファクタリングとは売掛債権の買取を行って貰ったり、保険をかけてリスクを回避出来るサービスです。

国内企業同士が取引する場合には先に商品やサービスを提供した上で、後から代金の回収を行うというのが多かったりします。企業同士の信用で成り立っていますが、残念ながら場合によっては代金を支払って貰う前に相手企業が倒産したり支払いが遅れてしまう事も起きるので厄介です。大企業ならばまだしも体力がない中小企業の場合には、取引相手の入金が1度遅れただけでも資金繰りが上手く行かなくなるケースは十分にあります。

だからこそそういった有事の際には、ファクタリング会社を利用する事で倒産の危機を逃れる事が可能です。ただし前記した様に、大きく分けて2種類に分けられるので比較してその特徴を知った上で利用する必要があります。買取ファクタリングは、企業が資金を出来るだけ早く調達したい時に向いているサービスです。売掛債権をサービスを提供している会社に売って、手数料を引いた金額を受け取る事が出来ます。

中には申し込んだその日に即日融資してくれる様な会社もあるので、急ぎで資金調達が必要な際には会社比較を行ってスピーディーな融資が可能な所を選ぶべきです。保証ファクタリングは、買取型と違って資金調達に利用する事は出来ません。信用力に問題がある企業と取引する際に、貸し倒しのリスクを防ぐ保険的な意味合いの強いサービスです。あくまで万が一の際の保険なので、中小企業の場合は買取型と比較して使い難いサービスと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *