ファクタリングについて
2019年4月21日

ファクタリングではどう違う?2社間と3社間の比較

ファクタリングには3社間と2社間といった2種類の取引の種類があります。

こうした2つの形態があるのですが、比較するとどう違っているのでしょうか。この点については関連する当事者が異なるということと手数料も大きく異なっているという点が挙げられます。3社間ファクタリングの場合、売掛債権の発行元とファクタリング会社、そして申込者という3者で取引を行います。そして、その手数料は、買取売掛金額の約1%から5%位と言われています。この手数料は2社間と比較するととてもリーズナブルになっているといえます。

それに対して、2社間の場合、ファクタリング会社と申込者の2社で取引が行われます。そしてその手数料は買取売掛金額の約10%から30%となっており、高い手数料が必要になるということなのです。こうして手数料だけ見ると3社間の取引の方がお得といえます。しかし、3社間で取引するとなると、売掛先との協議が必要で、同意を得たうえで契約をするということになるのです。つまり、取引先に事前に知らせてこのサービスを利用するということが必要とされるということになります。

このサービスを利用する側としては資金繰りがたいへんだから売掛債権を資金化したいというところといえますので、高い手数料を支払っても2社間で行いたいという場合は多いのです。この様にファクタリングは資金繰りを解決する方法として注目されており、2社間と3社間のどちらかを選択する場合には色々と比較して選択されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *