ファクタリングについて
2019年4月24日

即日現金化ができるファクタリングの注意点と比較

ファクタリングを使うと未払いになっている売掛債権を現金化ができる、2社間取引を使うと即日現金化や取引先の会社に通達が行われないので、現金化が行われた後も円滑なビジネスを継続できるなどの魅力もあります。

売掛債権は受け取る権利を持つお金の総称で、そのままにしておけば数週間後や数カ月後には現金を受け取り、会社の利益に計上ができるお金です。ここまで待っていれば苦労せずに現金を受け取れるわけですが、会社経営の中では設備投資金や仕入れ費用などでまとまったお金が必要になることも少なくありません。会社の中に、こうした費用に利用できるお金があれば良いのですが、利益を出して運転資金を回すのが経営ですから、融資を受けながら経営を続けるやり方が一般的です。

ファクタリングは即日での現金化ができる方法として、会社の経営者や個人事業主などからの注目を集めていますが比較をすることが大切です。さらに、注目が集まると同時に悪質な業者も出現するのが世の中の仕組みなのではないでしょうか。

即日で現金を受け取れるからと言って安易に利用してしまうと、売掛債権だけを持って行かれてしまうこともゼロではありませんし、2社間取引などの場合は、ファクタリング会社が受け取る手数料が大きくなるので、悪質な業者を利用した時に、より多くの手数料を徴収されてしまい、即日で現金化ができても少額程度しか受け取れないケースもあると言います。そのため、ファクタリングの利用においてはファクタリング会社の比較として信頼できる会社であること、そして手数料の比較を行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *