ファクタリングについて
2019年5月3日

売掛債権は圧縮を求められる場合があります

事業、商売を行う中でツケでのやりとりを行うことは少なくありません。

ただし、このツケすなわち売掛債権はリスクが伴うために、銀行などの金融機関などからその金額の圧縮やあるいはツケでの商売をやめるように促されることもしばしばです。反対にこのツケでの商売を止めて、現金のみで対応をするところもあります。リスクとして考えられている点はいくつかあり、まずは貸し倒れの危険性です。回収不能になってしまえば、商品などのとられ損になってしまいます。

そのため商売を行う際特に売るときにはツケでのやりとりをやめて、現金商売のみで対応をするところもあります。このとき現金だけでかつ即決により支払うことで、値引き交渉などを持ちかけて特売商品となり得る物などを吟味し、安く仕入れるなどの手法です。安く仕入れられるだけでは無く、売掛債権に発生による回収などの手間暇などを避ける意味でも、現金商売にする意味は大いにあります。現金として受け取るために得意先に対して話をする手間がかかるなど、人件費なども相応に負担になるものです。

最初から現金だけで商売を行えば、売掛債権自体が発生しません。すなわち後腐れ無くそのときだけで話しが済みますので、余計な人件費が発生しようがないわけです。今までの慣習によりツケ商売を行ってきた経緯がある場合でも、金融機関からするとリスクにとられる場合はあります。融資取引などの場で指摘される可能性に留意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *