ファクタリングについて
2019年5月6日

売掛債権と早期の現金化

売掛債権すなわち売掛金は、いわゆるツケのことです。

商売上において取引を行って商品代金を口約束などで取り扱うことがしばしばあります。このときそのツケはまだ現金になっていませんので、いずれは現金にすることができる権利を受け取るわけです。ところがこの売掛債権はまだ現金ではありませんので、現金としてもらうための段取りを行う必要が出てきます。ただいつまでに現金にしないといけないなどの約束が出来ていない場合や、今までの商取引の慣習からなあなあになっていることもよくあるものです。

それではいつまで経ってもお金にならない為に、商売に差し障りが出ることもあります。現金にするための権利ですからいずれはお金に換えたいところですが、相手がいる話しであり難しいことも多いです。そのようなときにはこの売掛債権を現金に換えることが出来る専門の業者に任せることも出来ます。その業者はファクタリングを専門に手掛けている場合があり、売掛債権を現金にして引き取る代わりにその売掛金を受け取ります。

売掛金額からその手数料を差し引き支払ってもらうことで、儲けにするわけです。その後、売掛金額を最初の業者に求めていくことで損をしないようになっています。早期に現金化できないといろいろと良くないことが発生するリスクを背負います。特に貸し倒れによる損失は手痛いものですから、こうした早期の決着が出来る業者の存在と利用は欠かせなくなってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *