ファクタリングについて
2019年5月12日

有担保融資を利用するメリットとは

銀行などが取り扱っている融資サービスは、大きく分けると契約の際に借入金に見合う価値のある担保が必要な有担保融資と、連帯保証人や担保などは必要なく、申し込み者の信用度に応じて貸付金額を決める無担保融資の二種類があります。

これらの二種類の融資サービスは、お金を借りるという点では同じですが、商品の質や適した利用シーンなどはそれぞれ異なるため、特徴をよく理解して適切な使い方をすると、より便利に活用できます。特に担保が必要な有担保融資サービスの特徴や適した利用シーンなどを解説していきます。有担保融資の最も大きなメリットは貸付限度額が大きい点、そして低金利で借入ができる点にあります。

銀行側からすればもしも貸したお金を返してもらえない場合には担保を処分して回収に充てることが可能なので、融資金が回収不要になるリスクは限りなく低くなっています。そのため、たとえ巨額の融資を申し込まれた場合でもそれに見合うだけの担保があれば安心して貸すことができますし、長期的に貸付ができるので快く融資をしてくれるのです。

無担保型の融資の場合、融資限度額は数百万円のケースが多い一方で、有担保融資は数億円の貸付にも対応するケースも珍しくありません。加えて無担保型は貸し倒れのリスクが高いため、金利は高くなりがちです。その点有担保型は貸し倒れのリスクが低いため、設定されている金額も無担保型と比較して圧倒的に低いケースが多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *