ファクタリングについて
2019年5月15日

担保融資と無担保ローンの違いやメリット

金融機関からお金を借りる場合、その方法は大きく分けると契約の際に不動産などの担保を必要とする担保融資と担保を必要としない無担保ローンの2つの種類に分類できます。

担保融資も無担保ローンもそれぞれに特徴があり、向いているシーンにも違いがあるのですが、具体的にどのようなメリットが有り、どのような場面で利用するのに適しているのかなどを解説していきます。まず担保融資のメリットですが、巨額のお金を借りる事ができる点、適用される金利が比較的低金利な点が挙げられます。

お金を貸す側の観点からすれば契約時に担保を確保できているため、無担保ローンと比較すると貸し倒れ損失が生じる危険性が非常に少ないメリットがあります。担保の評価額を超えなければ安全にお金を貸すことができると考えるため、比較的巨額のお金を貸してくれますし、貸付額が高い分低金利でも儲けが出るので、巨額のお金を低金利で貸してくれるのです。設備投資等まとまったお金を借りて長期的な目線で計画的に返済したいと考える場合に向いているサービスです。

一方で無担保ローンのメリットですが、申し込みから融資実行までがスムーズな点や申し込みの際の手間が少ない点にメリットがあります。抵当権の設定などの手続きがなく、申し込みをした人の信用度を調査するだけで済むので、審査時間が短く、最短で即日融資に対応しているケースも珍しくありません。加えて連帯保証人や担保が不要なので気軽に申し込みができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *