ファクタリングについて
2019年5月21日

担保融資のメリットやデメリット

担保融資とは、不動産や機械などの動産などを担保にして融資を行うことです。

土地や建物に抵当権を設定することになりますから融資の金額を大きくすることができます。無担保で融資を受けるよりも金利が低く借りることができます。長期にわたって分割で返済をすることが出来ますから、多くの人々が利用している融資の形態になるのです。担保融資では、融資額の1%から3%程度の手数料が必要になったり、抵当権を設定する費用がかかったりします。金額が多額になれば不動産の鑑定費用もかかってきます。

そのため借りる際に諸費用が掛かるので現金を用意することが必要になります。また担保設定や審査などがあるために、融資のお金を取得するまでに担保融資は時間がかかるのはやむをえません。また、長期間の返済を前提にして融資が実行されますから中途で全額返済する場合に違約金を請求されることがあります。担保融資には、銀行で取り扱うものとノンバンクなどが提供するものがあります。

銀行の特徴は、審査が厳しく融資までに時間がかかることが多く金利は低いです。ノンバンクの場合は、金利は銀行に比べて高めなことが多いですが即時の審査基準を設けており比較的借りやすいのが特徴になっています。審査のスピードが速く、融資金額も多めに設定できることも利点になるのです。これらの特徴を含めて、自分が必要な資金の金額。返済計画を考えてどちらを選ぶかを慎重に検討することが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *